06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【アデル、ブルーは熱い色】レズビアンの青春はR-18 

私、R-15作品は結構観てるんですが、R-18となると断然観た数少ないんですよね。
今回のは性描写が凄かろうと絶対観てやろうと思っていた作品です。

【アデル、ブルーは熱い色】です。

変わったタイトルですよね。

フランスのコミック『ブルーは熱い色』が原作です。
そして、コミック原作作品がカンヌのパルムドールをいただいちゃったという。
日本でコミック作品がアカデミー賞をとる・・・のは想像がつかないですよね。

原作者のジュリー・マロは1985年生まれなので、25歳のときにこの作品を書いたのか。
原作未読なのでエラそうな事は書けませんが、映画が原作に忠実だとしたら、若さがなければ書けないよなぁという印象。
もうね、誰もが通ったであろう「若い頃アルアル」が満載なんですよ。
ただ、あれこれ問題が起きるのが女と女なわけです。

高校でイケメンと付き合うも、あ、なんか違うかも。と気づいたアデル。
(女優さんの名前アデル・エグザルホプロスから取ったのかな?偶然?)
あんたゲイでしょ!ゲイじゃないし!ゲイバー行ってないし!というイザコザありつつ、アデルはエマという人物に惹かれていく。。。女性に。
adel1.jpg
左がアデル、右がエマ(レア・セドゥ)
学校行って、恋をして、付き合って、就職して、喧嘩して、別れてというアデルの青春を3時間見続けるわけです。
正直、長いです。
そしてレズビアンで性描写もすごいです。
まして、アメコミやアクションやSFが好きな男子は全く受け付けない作品なんじゃ・・・。
s-bell6.jpg
これをスピルバーグがパルムドールに?
大人の考えてることは私にはわかりません(私もオバサンですが 笑)

パルムドールといえば、見た数こそ少ないですが、【麦の穂を揺らす風】は好きな作品です。
でも、他のは・・・「いやー面白かった!」というのはあまりないんだよな・・・【パリ20区、僕たちのクラス】くらいかなぁ・・・

アカデミー賞と違って、カンヌのほうは全国区で上映されてなかったり、華やかではない、有名ではない作品が多い気がします。
この作品も万人にはオススメできないなぁ・・・・・・・・・

作中でBGMは少ないんだけど、ダンスのシーンは効果的に何度も登場するんだよね。
日本てクラブと習い事と盆踊りくらいじゃないですか、踊るという文化は。
飲み屋さんで本気で踊ったり、家のパーティで皆で踊ったりという描写も面白かったです。
レインボーパレードもね。

adel.jpg
それと、気になったのが「食べる」描写。
まず、アデルの食べ方がくちゃくちゃ汚い・・・。
エマの家に行くと、特別に仕入れたという牡蠣料理。
娘がレズビアンといいうことも認知している様子。

アデルの家は、いつも夕食に出てくるボロネーゼ。
相変わらず食べ方汚いアデル。
そしてエマ家と対照的な、腫物に触れるかのような両親の対応。
ちょっと観てて胸が苦しかった・・・。

性欲を満たして食欲を抑えるダイエットが噂になるくらいですから、「食欲」と「性欲」は結びつきがある・・・んですよね?

アデルは食べ方汚いし、アホ面で寝るし、髪はいつもボサボサなんですよ。
でも男性にはナチュラルに見えるのか、なぜかモテるんです。

いましたよ、私の同級生でも。授業中早弁して、イビキかいて寝てるのになぜかモテる女子が!
(顔は美人でしたが!羨ましい限り!)

アデルも可愛いです。口が半開きで。
レア・セドゥはモデルさんなので女性に人気ありそうですが、アデルは男性受けがよさそう。
 →レア・セドゥ【美女と野獣】の感想もどうぞ。それにしても役でコロコロ表情の変わる女優さんだな。

最後にネタバレみたいになっちゃいますが、結局2人は別れちゃうのですが、エマが
「あなたをずっと思い続ける」みたいなことをアデルに言うわけですよ。
でも付き合えないよ~って。ず、ずるい!
それって「あんたのこと嫌いになった」って言われるよりもずっと苦しいよね。
想われてるのに一緒にはいられない・・こんな辛いことがありますか!

2人が女同士ということを忘れたら、3時間の青春恋愛映画だ。

ここまで読んでくれた人で、私のこの駄文で果たして観たい!と思った人いるんだろうか・・・
否定的な記事になってしまったけども、面白くないわけじゃない。
ただ、こういうところが面白いという具体的なアレコレは私の脳みそからは出てきません。
でも強く感情移入して、想い出して、どっぷり疲れたのだ。
私にも青春があったのだなぁと。
関連記事

Category: ・フランス

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2013    R-18  LGBT  ♠パルムドール  ♦コミック原作 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/463-ec349f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。