03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

【幸せの行方・・・】番組収録中に「殺人告白」、米富豪を逮捕 

バッタバタの3月、ご無沙汰です。
このニュースみましたでしょうか?
番組収録中に「殺人告白」、米富豪を逮捕
家事をしながらワイドショーを入れっぱなしにしていたら聞こえてきたこのニュース、「映画化もした・・・」と聞こえて画面に目をやる。
富豪が主役で迷宮入りした映画、あったかな~と思って調べてみたらこれでした。

これ、なんとも「夫がEDです」とか「妻が浮気してます」とかそんな感じのジャケじゃないです?
なので、もしレンタルショップでみかけてもスルーしそうですが。
ありがち(埋もれ)タイトルだしね。
ちょっとした「家庭崩壊もの」くらいな感じしかしないんですが。
※ちなみに原題の「all good things」は、ゴズリングのお店の名前でもある。
英語の「All good things must come to end(全ての良いことには終わりがある)」を思い出すとなんとも意味深な・・・。
良いこと=幸せ の先はなんだったかというと。

ストーリーは、とても幸せな2人の結婚から始まる。
あーはいはい勝手にやっててネ。

そしたらとんでもない。
キルスティン・ダンストが心ズタボロになったあげく失踪(というか殺される)というなんともヘヴィーな作品でした。
(この妻失踪というのはかれこれ1982年の話で、その後2000年2001年と3度の疑惑・・・)

2012年公開作品ですが、私は去年の12月にみたばかりだったので、結構記憶に新しく。
スカパーで放映されていたのを最初なんとなく観ていたのですが、だんだんと狂気じみた行動をするライアンゴズリングに、やめときゃいいのになすがままにボロ雑巾化するキルスティンに、こりゃちゃんと見なきゃ!と、再度放送時にちゃんと見た作品でして。

私ってば、スパイダーマンのキルスティンをどうしても受け入れられず、「なぜ学園のマドンナがブ○やねん!」と長らく思っていたのです(ファンの方ごめんなさい)が、この作品を観て、キルスティンの演技力の素晴らしさに惹きこまれました。
私的にはボロ雑巾扱いのおかげでイメージアップなわけです。微妙・・・

こそ作品に出てくるゴズリングはほんとに怖い。
いろんな癖のある役をやってる彼ですが、これはかなり怖いです。
なんせ実在の人物っていうのが凄いわ。

実在の富豪さんロバート・ダースト氏(今回逮捕された)ほぼ真っ黒な殺人容疑を、お金の力でどうにかしてたわけです。
金持ちってすごいね・・・。

amazonではDVDが7~10日待ちになってました。そらね、タイムリーだもの。
興味のある方は、すぐ観れるインスタントビデオ版でどうぞ。

あんなに可愛がってたワンコ・・・
関連記事

Category: サスペンス・スリラー

Thread: 国際ニュース

Janre: ニュース

Tag: ライアン・ゴズリング  2012 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/472-b2e72dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)