07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【龍三と七人の子分たち】ジジイを楯にジジイたちがジジイのためのジジイ銃撃戦 

もう2週間前の話ですが、【竜三と七人の子分たち】観てきました。

ワイルドスピードにするか、寄生獣(後編)にするか迷ったのですが、映画の日だったこともあり、割と遅い時間だったに関わらず寄生獣はごった返してまして。
ワイルドスピードは追悼の意もこめて、劇場でぜひ観ようと意気込んでたのですが、旦那さんがこのシリーズが好きなものでね・・・私一人で観るのはやめました。ブルーレイを予約するよ!

本題ですが、シアターは私より年上の方が多かったですね。
北野監督と同じ歳くらいの方々で、作品をずっと観てきたんだと思われます。
女独りで観に行った私の浮きっぷりったらない。(多くは夫婦か、男性1人でした)
若い女の子3人組もいたのですが・・・この話は後程。

申し訳ないのですが、私、鑑賞中にギャっとかアハハとか声に出ちゃうタイプです。
不快に思った方ごめんなさい。家で一人で観ててもそうなんです・・・うるさいですよね。
本作は笑うシーンが随所にちりばめられている(というかほぼギャグの前振り)のですが
劇場は笑いで溢れていて、安心して?笑うことが出来ました。
※カテゴリにコメディがなかったので、ほっこりでお願いします。

競馬にて、龍三の薬指と小指が無いおかげで、子分に手でしめした数字が伝わっておらず、万馬券を逃すとか
クラブのママの家に行って、刺青自慢をしてるとこに男が帰ってきて慌てて風呂へ逃げる。
ママに帰ってと頼まれ、干してあったピンクの服を着て街中を走る・・・とか。
藤竜也さんがまさかそんなことやるとは・・・。

こんな感じのギャグが延々2時間続くので、正直疲れました 笑
全編ほぼギャグの前振りですから。。。

親分役の藤竜也さんはもちろんですが、子分の7人もそれぞれ役が個性的で良かったですね。
私が60~80年代のドラマや映画にもっと詳しかったら、オマージュしてるようなあるあるネタがあったのかもしれませんが、無知な私でも楽しめたので、頭空っぽにして観れるエンターテイメント作品でした。
若頭を演じた近藤正臣氏は、かのカルト作品【江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間】にも出演されてたそうで。
(もちろん未見なのですが)
太陽にほえろ でおなじみ小野寺昭さん(神風のヤス)のwikiを拝見したら、チロリン村の人形師だったと知ってびっくり。


そんな中、我らが北海道のスタア、ナックスの安田顕さんは、詐欺集団(一応会社構えてる)のリーダーとして頑張ってました。onちゃん出世しましたなぁ。
怒ってるんだか笑ってるんだかわからない難しい表情も似合ってました。
萬田久子さんとは正直似合ってませんでしたが!!

劇場をあとにする際、私の少し前を歩いていた若い女の子(20歳くらい?)3人組は「寝ちゃった~テヘ」「私も~」と会話してましたので、高校生同士や親子で観に行くには少し難しいかな。
内容としてはラストのバスでのカーチェイスも、じじいが運転してるわけではないので正直いらないんじゃ、と思ったり。
(バスジャックだったので、何かの作品のオマージュだったら無知ですみません)
じじいたちで会社乗り込んでドンパチして警察に捕まる、の流れでも良かった気がします。
(このラスト手前のドンパチシーンは中尾彬さんがなかなかの見ものです)

劇場の大きなスクリーンで!という感じでもないので、どちらかというとDVDを購入して、家で笑いたくなったときに何度も観たくなる作品と思います。

余談ですが、私は北野作品では【ソナチネ】が大好きです。
2番目は【あの夏、いちばん静かな海。】かな。
(観てないのもたくさんあるんでね、「HANABI」とかね。金獅子賞観なきゃ~

★龍三、藤竜也さんが出演した最近の作品 →【私の男】幼女に手を出すということは殺人でさえもするということ
関連記事

Category: ほっこり

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: 2015 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/477-e5ad9aae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。