05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【トゥモロー・ワールド】子作りは未来を救うか 

ご無沙汰です。
いつもは月初めは前の月に観た映画のまとめを載せているんですが、8、9月はバッタバタで全然観てないのでお休みです。
代わりに、というか個人的なメモを書きとめておきます。

アカデミー賞受賞の【バードマン あるいはry】【ワイルドスピード7】これだけは新作で観ました。
【バードマン】は好みが分かれるようで、私は結構好きです。
エマニュエル・ルベツキ氏による長回し風カットが話題になりましたよね。
記事はこちら→ 《祝・2015オスカー。イニャリトゥ&ルベツキまとめ 》

で、この【バードマン】に負けじと凄まじい長回しっぷりを鑑賞できる作品が
コレ、【トゥモローワールド】でございます。

原題は「Children of Men」=人類の子供たち。邦題は地球滅亡系感、あるいはSF感ありすぎ・・・。
これね、ルベツキ氏作品を調べた際にチェックしていて、しかも監督が【ゼロ・グラビティ】のアルフォンソ・キュアロン氏だというんで観たかった作品でして。
んで以前TVの放映をちらっと観た時、マイケル・ケインがひげ&ロン毛で山奥の小屋で楽しそうに(葉っぱ吸ったり)してるシーンに遭遇して、ohこれは最初からきちんと観なきゃ、と思い後日観直した作品。
michaelcaine.jpg

ストーリーは、2027年という近未来、こどもができない。という極限状態でテロやら暴動やらが起きてる荒んだ世の中。
「人類最後の希望」であった18歳の少年が殺される。
ということは、18年間世界ではこどもが産まれなかったという設定。
 ※以下ネタバレもありますので、嫌な方は回避してくださいませ。

んで、主人公( クライヴ・オーウェン)はどこにでもいる普通の男なんだけど、奇跡的に18年ぶりに妊娠をした女性がいて、もちろん世の誰もが(どの組織も)彼女を欲しいから取り合いになるわけだ。
で、そんな彼女を、普通の男である主人公がなんとか守り抜く話。
(ちなみにお相手の女性には恋愛感情は湧きません。)

普通の展開なら、赤ちゃんが産まれるとこで終わりそうな脚本になりがちですが、赤ちゃんは一番大変なときに産まれちゃうんでいろいろ大変。
しかもその出産シーンもホンモノじゃねぇの?!と思わすような長回し撮影で衝撃。
(実際の出産なんかよりはポローンと短時間で産まれるんですが、映画作品としてこの出産シーンは個人的に衝撃。)

もう一つ衝撃といえばクライヴ・オーウェンの元奥さんがジュリアン・ムーアなんですが、こんな主役級の女優さんがスポーンと殺されます。
ジャケットにもいるのに実にあっけない。
死ぬといえば『テラフォーマーズ』(漫画です)の主役級キャラが死ぬのも度胆抜かれましたが、これもかなりびっくり。

そしていいじじい、マイケル・ケインも死にます。
死に方はかっこいいです。でも本当に辛い。

【バードマン】も観てる間、とても体力を消耗したのですが、【トゥモローワールド】はもう辛いこと続きで明日なんて、希望なんてほんとにあるのかな、って絶望的な気持ちで胸が苦しくなるので、ブルーな気分の人にはオススメできません。
終盤にある長回しの戦闘シーンなんて気失いそうになった・・・ルベツキさんゴイス~
主人公はシュワちゃんやジャッキーではないので、ただただ逃げるだけです。
だって普通の人間なんだもの。みつお
だから妙に親近感というか、この世界がリアルに感じてしまうのです。

本当につらいことばかりなんだけど、戦闘中、赤ちゃんを観た兵士たちが手をとめるシーンにはただただ胸が熱くなった。
赤ちゃんには希望が、未来を変える力があるんじゃないかと、3児の母(私ですyo)は思うわけです。


産まれたての赤ちゃんが××に放置されてたとか、ゴミ袋に入れられ、なんてニュースを最近観たのですが、産んだ母親をこの2027年へ送り込んでやりたいね、私にスーパーパワーがあれば・・・笑

えっと作品のwikiを見ると、アクションでありスリラーでありSFでありディストピアであり、となんでもこいらしいです。
カテゴリ困っちゃったよ。

音楽もなかなかかっこ良いです。
キングクリムゾンやらリバティーンズやら。

1. Hush- Deep Purple
2. Witness (1 Hope)- Roots Manuva
3. Tomorrow Never Knows- Junior Parker
4. Sleepy Shores- Michael Price
5. The Court Of The Crimson (King Edit)- King Crimson
6. Backward- Kode9 And The Spaceape
7. Wait- The Kills
8. There Is An Ocean- Donovan
9. Ruby Tuesday- Franco Battiato
10. Money Honey- Pressure Feat. Warrior Queen
11. Arbeit Macht Frei- The Libertines
12. Indian Stomp- Cyrus (Random Trio)
13. Bring On The Lucie (Freda Peeple)- John Lennon
14. Running The World- Jarvis Cocker


 クライヴ・オーウェンといえば

2(復讐の女神)には出てないのよね。

ジュリアン・ムーアの顔って特徴的。


これと間違えないでね、10月7日発売です。


これも間違えそうだけど、ゾンビだよ。
関連記事

Category: 戦争・アクション・西部劇

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2006 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/496-8828b9b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。