06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『暗黒女子』腹黒女子高生の大嘘パーティ 

映画化した、秋吉理香子さんの『暗黒女子』を読んでみました。   ブロトピ:小説の感想
ゴシック感溢れるお金持ちの女子校、という設定が、男性はちょっと手にとりにくいかも・・・。

にほんブログ村テーマ 書物、書籍、本へ
書物、書籍、本
カバーイラストは大槻香奈さんという方で、秋吉先生の他の作品も担当しているほか、ダークな感じの作品が多めなのかな?


↓新井素子先生作品のイラストはとてもポップ!!

  
さてさて『暗黒女子』は、あの世間を騒がせた清水富美加さんが出演されてます。
本作は、清水さん演じる澄川小百合という女子高生が、文学サークルの定例会なるイベントを進めていくのです。
この定例会の2週間前、サークルの会長であった白石いつみが学校の中庭に落ちて死にます。
白石いつみはお嬢様学校の経営者の娘であり、成績優秀、容姿端麗で誰もが憧れる優等生。
自殺なのか、他殺なのか、他殺ならば殺したのは誰か・・・
annkoku.jpg
この2人は親友同士でもあります。

文学サークルに所属するメンバーが、順に白石いつみを偲ぶ「小説」を発表します。
それらは、自らの人物紹介、いつみへの思い、「犯人は〇〇だと思う」という大胆告白でもあります。
(以下、実際の発表の順とは異なります)

annkoku2.jpg
例えば「居場所」というタイトルで発表をした1年の二谷美礼は、片親で金持ちではないが、奨学金制度で通う努力家。
そして白石いつみの弟の家庭教師をいつみに頼まれても請け負っている。
古賀園子がいつみを殺したのではないか、と発表。

医者を目指している古賀園子による「ラミアーの宴」。
理数系で物事を理論的に考える性格だが、ディアナを「魔女で、特別な力があるのでは?」と疑っている。
いつみの父から信頼があり、医療やパソコンのことで親しくしているよう。
※このキャラだけ映画にはいないよう。人数多いとごちゃごちゃするから省かれたのかな?

annkoku5.jpg
ブルガリアの留学生、ディアナによる「春のバルカン」。
ヨーグルトぐらいしか思い浮かばないこの国・・・ディアナによると、自然に囲まれ、魔女や吸血鬼伝説の残る国なんだとか。
白石いつみがブルガリアにホームステイに来たのがきっかけで出会い、いつみに恋心を抱く・・・?
高岡志夜がいつみを殺したと発表。

annkoku4.jpg
小説家デビューをしている高岡志夜が発表した「天空神の去勢」。
高岡は中3のときにライトノベルの賞をとり、学園の有名人だった。
いつみのブルガリア旅行に一緒について行っている。
小南あかねが怪しいと発表。

annkoku3.jpg
老舗料亭の娘、小南あかねによる発表「マカロナージュ」。
あかねは料理がうまく、自信のプロデュースした店舗を開く予定だったが、料亭の火事でその話が立ち消えになった。
サークルのスイーツを毎回担当して作り、皆が絶賛している。
二谷美礼がいつみを殺したと発表。

最後は澄川小百合による「死者の呟き」。
まぁ、清水富美加さんがやられた役なだけあって、彼女はすべてを知ってるわけです。
なので「死者の呟き」と言っても、いつみに預かったお手紙を読むわけです。


この作品は、暗黒女子というだけあって、腹黒真っ黒、女子の嘘を見抜け!なお話なわけです。
各自の発言が食い違っている。どれも真実のような気も、嘘のような気もする。
読み進めると、あれは嘘だったか!実際はこうか!と何度も思わされるわけです。
「イニシエーションラブ」とか、ああいう感じかな?上質な謎解きミステリーというよりは、途中はなんとか辻褄を合わせて、最後にあっと驚かせたい、という作者さんの意向なのかな、という感じがしました。
どうして死んだのかは、伏せておきます!
イヤミスと言われてるわりには、嫌な要素は薄めで、男性がいつみの父と、いつみの恋人でもある学校の先生が登場しますが、いい人です。
まぁ男性を嫌な人たちにしちゃうと、女子の暗黒さが薄まってしまうのでこれでいいのかもしれませんが・・・。
あとね、澄川小百合も優しいので、もっとゴリゴリに性悪女にしてほしかった。
実は小百合が先生とデキてましたよ!とかね。映画はどうなのかな?

女子高が舞台なだけあって、おばちゃんは感情移入できずちょっと辛かったかな。
映画もきっと若い子が観にいくんだろうよ、千葉雄大くんはもう28歳なんだね、もっと若く見えます。
  映画:「暗黒女子」オフィシャルサイト

ブクマ!で読み終わった本作出品してますので気になった方はどうぞ。
↓私の招待コード↓
02FE1
で、今なら300ptプレゼントです。
「ブクマ!」
コミックも出てます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Category: *映画化

Thread: 読んだ本。

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/512-60062fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。