07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『神の子どもたちはみな踊る』 


前にも書いたかもしれないけど

若い頃村上春樹は理解できず、大人になったら読もうと思ってた。

そして今、やっぱり理解できずにいるし・・・

6個の短編が収録されています。

「阪神大震災」がどの話でもキーワードになっています。

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)
(2002/02)
村上 春樹

商品詳細を見る

1.UFOが釧路に降りる

地震を境に、奥さんがいなくなった男の話。

休暇をとって釧路に行く。

同僚から「大事な荷物」を妹へ渡すために預かって。

箱(荷物)の中身は何か。

UFOは降りるのか。


2.アイロンのある風景

焚き火好きな絵描きの男と、なんとなく焚き火に付き合う女、その彼氏。

火って、なんだか吸い込まれそうになる。

火を前にすると、何でも喋ってしまう気がする。

「死のう」なんて簡単に言ってほしくないが、果たしてあの人は死んだのかな。


3.神の子供たちはみな踊る

ちゃんと避妊をしたのに産まれた子供。

その子は「神の子」といわれるようになる。

そして母親は救いを求め、ある宗教に入信。

成長した息子は、父の存在を探し始める。


4.タイランド

ひたすら働き続けてきた女医が、タイで休暇をとる話。

特に意味不明な表現はなく、自分は1番読みやすかった。

交尾する一瞬だけ雄と雌が出会い、終われば逃げて行く北極熊。

「北極熊はなんのために生きてるか」の問いに答えは。


5.かえるくん東京を救う

でっかいカエルが巨大ミミズと戦うから力を貸せと

銀行マンに無茶振りする話。

でも勝たないと大地震がくるって。

もう夢だかほんとだか村上氏が本気だかわけわかんない。

絵本ならいいかもね。


6.蜂蜜パイ

ある男と、友人の男と女の話。

学生時代仲のよかった3人。

でも自分以外の2人が結婚しちゃうのだ。

っていうよくある話。

その夫婦の間(生活)に、自分(男)がすべて入り組んでいるのだ。

父の代わりに、娘と奥さんと動物園へいく男。

父の代わりに、子供を寝かしつける男。

「蜂蜜パイ」は、男が子供にしてあげる架空のくまの話なんだけど

この子供とのやりとりがほっこり温かい。

かつて好きだった女の子供が、自分のことを「お客じゃない」と

家族のようにみてくれている・・・せつない。

話の不思議度は低いです。

まぁ読みやすかった。


少し短編で慣れてから、長編、上下巻へと移行しようかと思ったけど

どうやら私にはまだ早いらしい・・・。

もう少し読書自体に慣れてから、また村上さんにチャレンジしようかしら。


関連記事

Category: *映画化

Thread: 読んだ本。

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/62-9a2f6306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。