07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『I LOVE YOU』 

なんか年末ってだけで忙しくて

なんもしてないのに時間ない・・・。


男性作家陣の恋愛作品オムニバス

I LOVE YOU (祥伝社文庫)I LOVE YOU (祥伝社文庫)
(2007/09/01)
伊坂 幸太郎、石田 衣良 他

商品詳細を見る

そこそこ売れてる若手作家さんが名を連ねているので、
どんなもんかと買ってみた。(古本屋で¥100ですが)

しかも最近人が死んだりするヘヴィーな本が多かったんで

恋愛ものなんていいじゃない。と。(飢えている・・・∑(゚Д゚))

で、これで面白かった人は、本買ってみようかな~なんて。


1 伊坂幸太郎/透明ポーラーベア


主役のいない童話みたいな。

桃太郎不在の、じじばばと鬼の話みたいな。

僕(主役)と姉の元彼氏との偶然の再会で話が進んでいくんだけど

肝心の愛だの好きだのというのは

から揚げに添えられたレモンの汁程度にしか登場しません。

伊坂さんらしいといえば・・・なんでしょうが。


要は、こんな広い世界でたくさん人がいるのに

わざわざ知り合いに出会えるのはすごいこと、みたいな話。


姉は不思議ちゃんだし

主役の彼女はいちいちイラつく発言かますし(自分に似てて腹立つw)

後味悪かったです。


グラスホッパー (角川文庫)グラスホッパー (角川文庫)
(2007/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


2 石田衣良/魔法のボタン


王道の、ひねりも何もないラブストーリー。

なんだ、と思ったのは、私が病んでるのでしょうか・・・。


年齢設定が自分と同じくらいなんだけど

時代背景がちょっと古いのか

「ブーツカットのジーンズ」やら「ボーダーシャツにライトブルーのジャケット」って

感情移入しにくい!

あと、メルヘンな言葉が満載で、少し疲れます。


「魔法のボタン」とは幼稚園のときの

「もし体にボタンがあって・・・」という遊びから。


でもさ、こんなにロマンチストな石田さんは

結婚相手としては、まめで優しそうで外人みたいでいいと思うw


3 市川拓司/卒業写真


さえない女の子(といっても社会人)が、久しぶりに

昔のクラスメイト、「渡辺君」と再会するのだが

クラスには渡辺君は2人いて、どっちなのか困惑する話。

(片方のことは好きだった)


途中までは謎解きみたいでわくわくして読んだけど

その数分のやりとりが長い。

もっと数日後まだ見たかったけど。

あと主役の女の子の台詞に好感が持てなかった・・・。


4 中田永一/百瀬こっち向いて


これね、この作品にかなり高評価してるのをみたんで

一番最初に読んだのさ。

ちなみに名前は伏せられてたけど、○一さんらしい。


ある女の子と付き合ってる振りをしてくれと

憧れの先輩(男)に頼まれた主人公(目立たない男子)。

その女の子(百瀬)からはきもがられるんですが 涙

まぁ案の定彼女に惹かれてイクわけですね、ハイ。


なんか、謎や、ん?と思うところが最後に残りますが

それは別に後味悪いわけではなく、いい余韻を残してて

先にも書いたけど、自分も高評価です。w

暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)
(2002/04)
乙一

商品詳細を見る



5 突き抜けろ/中村航


どこにもいる平凡なカップルが

電話やデートにあるルールを作って、

そしたら2人の付き合いはどうなっていくのかな、と少し期待してたんだけど

途中でしょうもない友達や先輩が登場して

せっかく面白そうなカップルの設定がどっかいっちゃいます。


この人は友情の話とかが面白いんでしょうか?

でも問題ありの先輩の描写がなんかしっくりこなくて

人物像が浮かんでこなかった~。残念。


6 Sidewalk talk/本多孝好


この人は横文字タイトルが好きなんですね。

1冊読んだことありますが(moment)

それよりこの話のほうが面白かったです。

自分には、短編のほうがあってるんでしょうか。


離婚を決めた夫婦の、最後の晩餐。

とても仕事のできる奥さんと、普通の旦那さん。

会話が、すごくリアルで、せつなくなりましたわ。

で、別れたんでしょうかね、どうでしょうか。

後を濁すあたりが男性なんでしょうね。


あー長かった(感想が)。


人が死ぬ話

恋愛の話ときて

今は家族ものに手出しました。

心が洗われますように・・・。

関連記事

Category: *小説

Thread: 読んだ本。

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/71-bbbb113b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。