07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『限りなく透明に近いブルー』 

本日の本は、「クリ○リスにバターを」です。
「ティファニーで朝食を」とは訳が違いますよ。

衝撃的なタイトルですみません。訂正される前はそうだったようなので・・・。
改めまして「限りなく透明に近いブルー」です。


限りなく透明に近いブルー (講談社文庫限りなく透明に近いブルー (講談社文庫
(1978/12/19)
村上 龍

商品詳細を見る

高校生の頃、学校帰りに寄っていた古本屋。

別に文学少女でもなかった私ですが、有名な村上氏に興味はありました。

古本屋では、常に(アイウエオ順で)春樹さんと龍さんが横に並べられていたんですねぇ。


村上春樹氏の本は、どれもあまり本を読まない私には難しく

いつか大人になったらわかる日が来る・・・と諦めました 汗

龍氏の「限りなく~」このタイトルは知ってたものの、

裏表紙のあらすじ書きを読んで、「これを読んだら破滅しそう・・・」と

まだ感受性の高かった高校生の私は、妥当?な「ラブ&ポップ」に手を出しました。

ラブ&ポップ―トパーズ〈2〉 (幻冬舎文庫)ラブ&ポップ―トパーズ〈2〉 (幻冬舎文庫)
(1997/12)
村上 龍

商品詳細を見る


いやぁ、おかげで援助交際に手を出さずにすんだよ 笑

まず20歳で書き始め、23歳で文学賞に応募。

実体験なのかな、だったらラリった頭でこの文を書くなら天才だろ。

逆にやってないのに書けるなら、すごい想像力。

どちらにしてもすごすぎる。

あまり本を読んでる方ではありませんが、
「若くして売れた方」の話題になった作品を何点か読んでみて思った共通点。
そういった方々は確かに文才はあると思いますが、なんかわざとらしいというか
子供が無理して大人の真似して難しい言い回ししたみたいな、
読み手が素直に受け取れない表現もあったり。
何度も同じ比喩の仕方を使ったりとか(踵を返すが10回くらい出てきたり 笑)。

でも、自分が読む限りこの作品に、わざとらしさも、嫌味もない。

酒・暴力・ドラッグ・セックスの無茶苦茶な世界感に、ひきずりこまれた。

自分とはかけ離れた世界なのに、スラスラと心地よく読み進めた。

(途中、ドロドロした場面もありますが・・・ 汗)

セックスなんて甘っちょろいもんじゃない。

まさに「ヤる」。

凄まじい時代だったんだな。

主人公リュウは、暴力や、人を傷つけることはしない。

人当たり良く、優しい。

誰より冷静に、客観的に周り(現実)を見ている。

愛とか、嬉しい、悲しい、そういう表現がまったくない。

友達?の声は音と同じように耳に入るだけ。

腐ったものの臭いを嗅いでも、「気持ち悪い」という感情はなく、吐き気が表れるだけ。

その無関心さが誰より暴力的で、やさしさが冷たさでもある。

限りなく透明に近いブルー」は、腕に刺したガラスの破片の色。

薬に溺れてしまった彼は、血を流すことでしか、生きてる証拠を見出せなかったのかも。


***余談***

関係ない話ですが、なんか、高校のときに好きだった人を思い出してしまいました。

いや、別に彼がヤク中だったわけじゃありませんよ~

優しくて、皆に好かれていて、でも孤独で、どこか醒めてました。

彼がこの時代に生きてたら・・・こんなんだったんでしょうか。

今、元気にしてるでしょうか。

また、村上氏の作品読みたくなりました~

私には、合ってると思います
・・・虫を口に入れる描写はナシでお願いします!

関連記事

Category: *映画化

Thread: 読んだ本。

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/76-d0c6bc40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。